ターゲットを明確にした展示会のブースデザインを作るポイントを紹介

ターゲットを明確にした展示会のブースデザインを作るポイントを紹介

来客者目線で展示会のブースデザインを考えることが効果を上げる秘訣

キーボードを打つ

来客者がたくさん集まる展示会では、いかにして展示ブースに人を集めるかが成功の鍵になります。もし人が集まってくれなければ、展示会に出店した意味がなくなってしまいます。そのため展示会では集客できるブースデザインを考える必要があり、どの展示スペースにおいても、よりたくさんの方に見てもらえるような工夫を凝らしているのです。そのための心強い味方と言えば、展示会の空間デザインをマーケティング視点でサポートしてくれる、ブースデザインの専門業者です。
特に集客できるブースデザインの設計において、通りかかる来客者の気を引くためのノウハウがあります。基本は来客者目線で考えることで、展示会で来客者はどんな行動をとるのか、どんなブースに入りたくなるのかなどを想定して、集客効果が上がるブースデザインを考えていきます。例えば色々見て回りたい来客者は、何の展示ブースが分かりにくいところはスルーしがちです。またスタッフが入り口にずっと立っていると、引き止められたくない心理から入らない可能性があります。
逆に人が集まっているブースは、よくわからなくても気になるものです。また自由に見られる環境で入り口付近に展示品が並んでいれば、確かめてみたくなるでしょう。以上の様に、来客者を意識してブースデザインを考えることが重要です。

最新記事